2009年01月31日

ライフ69いくらなんでも・・・・

これはないでしょう・・・・・

狙ってプログラムしてもこんなカーブフィッティングはそうそうできるもんじゃありません・・・

ライフ69おまえはいったい・・・

chart080326-4.gif

ちなみに黒が売り、赤が買いです。
偶然ってすごいですねぇとしか言いようがありません。
たぶんデータも壊れてて上下に長すぎ、価格が変動しないのでうまいぐあいに移動平均がど真ん中を突き刺していて、ライフ69はそれをシグナルに売り買いを繰り返しているようです。

ちなみに、資金は5日で1.8倍に増えました。

TesterGraph2.gif

いままでで、最高のパフォーマンスですが、前回よりいじったのは子孫の遺伝子のコピーのされ具合に若干の修正を入れたくらい・・・・

と思って注文をよく見たら発注しているのは売りがライフ325買いがライフ69でした。


恐ろしい子!


あ・・・思い出した。上位のライフがポジッてるとき含み損を抱えて長期居座って売買のチャンスを潰さないように、含み損をライフポイントに反映するようにしたので、下位のライフがポジるチャンスがわすかに上がったのがパフォーマンス改善の効果につながったようです。

ちなみに、前回書いた通り、この先、正確には2006年10月5日14時8分あたりからライフ69とその子孫が対応できない値動きに変化するので、彼らはこの後死滅する予定です。

ただ、現在のライフの数値と遺伝情報はそのままファイルに保存して、アメリカで動いてるリアルタイムのフォワードテストにいきなり投入することもできます。
そうですね、一定時間ごとにライフとゲノムをファイルに書き出すようにすればいちいちテストを止めなくてもそれができますね。
posted by (;D)笑男 ◆LeBIz0ZWfs at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113429754

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。